文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

ヘルプマーク

 


ヘルプマークは配慮や手助けを必要としている方が身につけるマークです。
義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方など、外見からはわからなくても、配慮や手助けを必要としている方がいます。ヘルプマークは周囲にそのことを知らせることで援助を得やすくなるよう平成24年に東京都で考案され、宮城県でも導入が開始しました。
素材はシリコン製でストラップ付のプレートになっており、上の画像のようにカバンに取り付けて使用します。





 
ヘルプマークの配布について

対象者:
義足や人工関節を使用している方,内部障害や難病を抱えている方など,外見からは分からなくても援助や配慮を必要としている方

配布窓口:
市町村福祉担当課,県障害福祉課,各保健福祉事務所,リハビリテーション支援センター,精神保健福祉センター,児童相談所,関係福祉団体等

手続き:
窓口で趣旨を御説明し無料で配布します。障害者手帳の持参や申請は不要です。





 
添付ファイル
ヘルプマーク(A4チラシ )
リンク先