文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

概要

身体障害 視覚障害 団体 スポーツ 

宮城県グランドソフトボールチーム

グランドソフトボールとは視覚障害者の野球のことで以前は盲人野球と呼ばれていました。本競技は、視覚障害者スポーツの華であり(社福)日盲連では、 「世界に翔くグランドソフトボール」をコンセプトに、将来パラリンピックの正式種目になるよう活動しており、アメリカへの選手派遣や交流会を行なっています。

 
 ルール

チーム構成は、全盲選手4名と弱視選手6名の計10名。
全盲選手はアイシェード(完全に視覚を遮断するスキーのゴーグル状のもの)を装着し、ボールは皮製のハンドボールを使います。
全盲選手はボールが地面を転がる時に発生する僅かな音を聞き分けて補球したり、硬式用バットで打ったり、コーチャーの拍手や声を頼りに走ったりするスリリングな競技です。

       
 部員募集中
       部員(選手)及びコーチ(晴眼者可)
視覚障害者、晴眼者、年齢、性別は問いません。
コーチやマネージメントを引き受けて下さるボランティアも募集しています。

 
《主な活動》
1. 講習会や練習会 
2. 近県や仙台市チーム、視覚支援学校学生との練習試合
3. 全国障害者スポーツ大会予選会兼東北、北海道大会
4. 東日本グランドソフトボール大会
5. 全日本グランドソフトボール選手権


基本データ基本データ

実施団体 
宮城県視覚障害者福祉協会
お問い合わせ
TEL022-257-2022
FAX022-293-9135
E-mailmiya-shikyo@orange.plala.or.jp        
   
リンク先