文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

概要

身体障害 視覚障害 聴覚障害 

みやぎ盲ろう児・者友の会

設立目的

目と耳の両方に障害がある方々は、宮城県内に250名程いると言われております。その障害は、弱視難聴、盲難聴、弱視ろう、全盲ろうなど個々に違い、その障害の発生時期、病状の進行も違うため、障害の重さ、日常生活の困難さが理解されず、その存在すら福祉の谷間に置き去りにされているところです。
盲ろう者の抱えるさまざまな課題を皆様にご理解いただき、一つずつ課題を解決して行くことが出来れば、盲ろう者も日のあたる所に出ることができます。生き生きと生活して行くために、ただ家の中に居るだけでなく、住み慣れた町で当たり前に暮らすことが願いですが、現実は外出、コミュニケーションもままならない状態です。
宮城県内の盲ろう者の集える場所が必要と感じ、「みやぎ盲ろう児・者友の会」の設立を考えました。

主要事業
1. 盲ろう児・者の社会参加を促進するための活動
(1)交流活動(月1ペースで交流会を開催)
(2)盲ろう児・者のコミュニケーション手段の習得(勉強会の開催)
2. 盲ろう児・者の通訳・介助者の養成・派遣事業の協力
(1)盲ろう者向け通訳・介助員養成研修事業
 ①盲ろう者向け通訳・介助員養成講座
 ②盲ろう者向け通訳・介助員現任研修
(2)盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業
(3)盲ろう者に対する生活訓練
※これらの事業は、宮城県障害者社会参加推進センターが受託し、当団体が運営協力をしています。
3. 啓発活動
(1)一般社会に盲ろう児・者を正しく認識していただく活動
(2)同じ障害を持つ仲間への呼びかけ
4. その他、目的達成に必要な活動
会員数

 40名

会員資格・要件
本会の目的に賛同し、会費を納入した者であれば、盲ろう当事者・家族・支援者・関係者、どなたでも会員になれます。
団体PR

盲ろう者とは、目と耳の両方が不自由な方のことです。自由に外出することや、他者とコミュニケ―ションをとることに困難があります。
しかし、目と耳が不自由でも、生き生きと暮らしているかたが沢山います。多くのかたの、理解と支援があることで、盲ろう者も生きやすく、豊かに暮らすことができます。
当団体では、盲ろう者が生き生きと社会参加していけるように、盲ろう者と支援者等が一緒に歩んでいます。誰でも気楽に参加できるので、是非、交流会に遊びにきてください!!



 
リンク先

基本データ基本データ

お問い合わせ
TEL022-262-1383
FAX022-262-1383
MAILmiyagi.db@gmail.com